ねずみ駆除をして屋根裏をスッキリさせたいときは

  • ねずみ退治をする具体的な方法

    • ある程度築年数が経過した住宅には、ねずみが住み始める可能性があります。小動物だから住んでいても問題ないと思うかもしれませんが、ネズミの体にはたくさんの虫が付いており、それが住人の体につくとアレルギーが発生してしまいます。



      特に小さい子供は免疫力がないため、アレルギーになりやすいのが特徴です。

      T-SITE情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

      このように考えると、ネズミが住んでいることを見過ごすわけにはいきません。そこでねずみ退治をする必要がありますが、ねずみ退治の住みにくい環境をつくることが必要になります。

      いくら築年数が古い家とはいえ、ネズミが住みにくい環境を維持することができれば、ネズミはすみつきません。
      どのような環境が住みにくいかといえば、清潔な環境です。


      部屋の中にある生ゴミはできるだけフタ付きのゴミ箱に入れ、えさのありかを見せないことが重要になります。
      食品がある場合は、翌日の朝まで食品を出したままにするのではなく必ず冷蔵庫などにしまっておきましょう。流しにある食器はすぐに洗うことも重要です。


      次に巣の材料になりそうなものは昼だけ排除しておくことが必要です。


      ネズミの巣になりそうなものとは、新聞紙や段ボール箱、トイレットペーパーなどになります。また、角部屋の中もできるだけ丁寧に掃除をしておくことが大事です。

      特に、部屋の隅っこなどはほこりが溜まりやすいですのできれいにしておくことが必要です。



      それにもかかわらず、ネズミが発生した場合は、ねずみの通り道に餌をまくなどをしてねずみ退治をするべきでしょう。

top